ポートフォリオ編・名刺編

ポートフォリオ│納得してない仕事のイラストを実績として載せる?

あなたは、イラストのポートフォリオに何を載せるか選んでいるとき、「自分では気に入ってないけど、仕事で描いたイラストを実績としてポートフォリオに載せるか?」で迷った経験はありませんか?実績アピールしたいけど、こうゆう仕事がしたいわけじゃない!悩みますよね。

続きを読む

【名刺】数種類の名刺で印象を高める

会社の名刺がリニューアルしました。どうせなら、イラストレーターの会社らしくイラストを前面に出したものにしよう!という事で、名刺の裏面を各自で自由にイラストで飾って良い事になりました。イラストは自由。全員が違うので、個性的な名刺になりました。

続きを読む

【名刺】文字レイアウトでの4つの注意点

名刺をデザインする時に、文字に気を使っているでしょうか?フォント打ちっ放しにしていませんか?文字のサイズ、行間、レイアウトの微妙な位置によっては、せっかく素敵なイラストを使っていても残念なデザインになりかねません。

続きを読む

【名刺】白紙厳禁!裏面も有効活用する

僕は、名刺交換すると必ず裏を見てしまいます。それは表とは違った面白い遊びがあったり、基本情報以外の情報を載せている方がいるからです。逆に名刺の裏が白紙で、何も情報がないと「勿体ないなぁ…」と思ってしまいます。イラストレーターなら尚更。

続きを読む

【名刺】イラストでオリジナル名刺を作る

あなたは「名刺」を持っていますか?営業はもちろん、イベント、交流会など、人との出会いが多ければ仕事のチャンスもあります。となれば、自己紹介に「名刺」は必須アイテム。イラストレーターならではの「個性」も発揮できる魅力的なアイテムでもあるのです。

続きを読む

【ポートフォリオ】モノクロのイメージができますか?

イラストには「色」は欠かせない要素です。色彩豊かに描かれる方もいるでしょう。では、そのイラストがカラーからモノクロ(1色刷り)になった状態を想像できますか?ケータイのカメラでも良いので、自分の作品を写真に撮ってモノクロ変換してみるとよく分かります。

続きを読む

【ポートフォリオ】タグで後ろページまで誘導する

ポートフォリオの中から目的に合ったイラストをパラパラっと手早く探していると、後ろの方まで見られない事もあります。複数のタッチ(画風)を1冊にまとめている人は不利です。そんな時、後ろまで誘導するのにどうすれば良いでしょうか?ヒントは「カタログ雑誌」。

続きを読む

【ポートフォリオ】違うタッチの共存は印象を薄くする

あなたが、まだ自分のタッチ(画風)が定まっていないのであれば、いろいろなタッチに挑戦していることでしょう。そして、自然と複数のタッチを持つことになります。では、それらを1冊のポートフォリオにまとめるとすると、どう見せるのが効果的でしょうか?

続きを読む

【ポートフォリオ】入れ過ぎ!肥満型に注意!

「大き過ぎは年末に捨てられる」では、クリアファイルのサイズについてお話ししまたが、次にお話するのは「厚さ」です。つまり「1冊のファイルに作品を何枚収めるべきか」という事です。たくさん見せたいと思って、欲張っていませんか?

続きを読む

【ポートフォリオ】大き過ぎは年末に捨てられる

ポートフォリオに必要なのが「クリアファイル」ですが、サイズも小さいものから大きなものまで様々。イラストを大きく見せたいから、大きいサイズが良いか?でも、大きいと渡した時に邪魔になるかもしれないから、小さいサイズが良いか?迷ってしまいますね。

続きを読む

【ポートフォリオ】背表紙こそ120%注力せよ

ポートフォリオを作る時、あなたならどこに重点を置きますか?作品ページで見せ方を工夫するのは当然ですが、他には?表紙?プロフィール?発色を良く見せたいから紙にこだわるとか?(これは、お金がかかって懐が寂しくなりますが…)

続きを読む

ポートフォリオ│プロフィールには何を書く?

ポートフォリオの最初のページには、自分のプロフィールが入ります。プロフィールは「自分の基本情報」です。連絡先だけのシンプルなもの、マンガで表現したユニークなものなど見せ方は自由。ただし、しっかりポイントを押さえるのも必要です。実際のプロフィールを例に各項目を説明していきましょう。

続きを読む

【ポートフォリオ】ポートフォリオ作りのコツ

いざポートフォリオを作ろうと思っても、「しっかり作り込まないとダメかな?」と気負いしてしまい、どこから手を付けて良いのか意外と分からないものです。ここでポートフォリオ作る時の手順を紹介します。深く考えないで下さい。ちょっとしたコツがあるんです。

続きを読む

【ポートフォリオ】イラストレーターのポートフォリオとは?

営業に行って相手に作品を見てもらうためには、ポートフォリオは必需品!しかし、いざ作ろうと思っても、案外どうすれば良いのか分からないものです。そこで筆者が作ったポートフォリオを例に基本的な事をご紹介します。

続きを読む