最近の仕事│ダイヤモンド・オンライン「マーケット感覚を身につけよう」ちきりんさん講演会イラストレポート

イラストと図版を担当した「マーケット感覚を身につけよう」ちきりんさん著)が好調な売れ行きです。そんな中、このブログを切っ掛けにちきりんさんの特別講演会のイラストレポートのご依頼をダイヤモンド社さんからいただきました!初の執筆のお仕事です!

ダイヤモンドオンライン

「ちきりんの『マーケット感覚を身につけよう』出版記念講演会に行ってみた」

 

ブログが切っ掛けでレポート依頼

 

今回の仕事は、ダイヤモンド社のビジネス情報サイト「ダイヤモンド・オンライン」で、ちきりんさんの連載コンテンツの第1回目を飾るものです。レポートの依頼を切っ掛けになったのが、ブログで書いたこちらの記事。ちきりんさんからもTwitterでご紹介いただき、自分でもビックリするぐらいたくさんの方に見ていただきました。



 

実は、気負いして原稿が書けませんでした

 

ダイヤモンド・オンラインと言えば、多くの著名人が寄稿しているビジネスサイト。エリート揃いの中で、果たして自分なんかが寄稿していいものなのか?と気負いしそうな予感。(実は、かなり学歴コンプレックスが強いです。)

 

実際に講演会を拝見し、気になったところをメモします。このメモを参考にしながらレポートを書くのですが、思うように文章が書けません。書いても単なる状況説明になってしまい面白くない。Twitterで「ちきりん 講演会」と検索すると、参加された方のレポートもすでにアップされていて、そちらに引っ張られそうになってしまいます。同じことをしても意味がない。さてどうしよう…?

 

ちきりんさんの講演会を聴いて書いたメモ
▲ちきりんさんの講演会を聴いて書いたメモ

 

文章は行き詰まりましたが、逆にイラストのラフはサクサク描けてしまう…。ここで、編集の横田さんに相談すると「もっとイラストを多くして、文章を少なくしても良いかなぁと思ってました」とアドバイスをいただきました。当初、自分の中では文章8割、イラスト2割で考えていましたが、これを切っ掛けに「頭の中の引き出し」のひとつが開きました。

「そうだ、メモをそのままイラストにしよう」

 

私のひらめきのイメージは、釜爺(千と千尋の神隠し)が引き出しを開けるとこ。
私のひらめきのイメージは、釜爺(千と千尋の神隠し)が引き出しを開けるとこ。

 

ヒントは「ラクガキノート術」

 

ひらめきのヒントになったのが、ブログ「タムカイズム」のタムカイ(タムラカイ)さんがやっている「ラクガキノート術」です。

【参考記事:タムカイズム│絵心がないと悩む人でも一瞬で100の表情が描けるようになるラクガキテクニックとちょっとしたコツ】

 

タムカイさんは、イベントの様子を文章と「ラクガキ」でレポートしているのですが、これがとても分かりやすい!文章にしてしまうと長くなってしまいますが、要点を絞ってイラストを活用すれば、簡潔で伝わりやすくなります。


「ラクガキノート術」と自分のインフォグラフィックスの技術を合わせたら「他には無いレポートが出来るはず」と思いつきました。思いつくと早いです。2時間ちょっとで一気にラフを描いてしまいました。



こちらのラフを素にしてできたのがコチラです。文章がメインのビジネスサイトでは、かなり異色の存在となりました。インフォグラフィックスとも違う面白い試みでした。

 

ちきりんさんの「マーケット感覚を身につけよう」は、イラストレーターの仕事にも活用できる内容なので、是非読んでほしいです。

 

ダイヤモンド・オンライン

ちきりんの『マーケット感覚を身につけよう』出版記念講演会に行ってみた