ギャラリーレポ│ティムバートンの世界展・奇才の頭の中

【ギャラリーレポ】ティムバートンの世界展・奇才の頭の中

ティム・バートン監督の映画は「BIG FISH」が大好きなんですけど、あなたは何か見たことがありますか?六本木ヒルズの森アーツセンターギャラリーで11月1日から始まった「ティム・バートンの世界」展へ行ってきました。本当に濃かった!濃密な世界をたっぷり堪能です!

奇才の頭の中へ

 

ティム・バートン監督といえば、アニメ映画の「ナイトメアー・ビフォア・クリスマス」、実写映画の「チャーリーとチョコレート工場」や「アリス・イン・ワンダーランド」など、商業的に成功した映画がたくさんあります。ちょっと怖くてシニカルだけど、どこかユーモアでファンタジーに溢れた世界観。一体、彼の頭の中はどうなっているのでしょうか?

 

 

この展覧会は、カリフォルニア芸術大時代、ディズニーのアニメーター時代など原点となった作品、彼自身が描いた映画のためのストーリーボードやイメージスケッチなどのアート作品を一同に会した回顧展です。

 

ティムバートンの世界展
(C)Tim Burtom

 

入場まで1時間待ち

 

会場は、六本木ヒルズ52階にある森アーツセンターギャラリーです。3階のチケットカウンターに着くと、すでに長蛇の列。入場まで1時間待ちでした。ちなみに、写真の左側1〜3番カウンターは、展望台で開催中の「Pixiv祭」です。こちらは、待ち時間0分です。(Pixiv展も見てきたんですが、レポなしで…。)

 


52階に上がってからも、行列が続きます。


(C)Tim Burtom
(C)Tim Burtom

 

入口には、巨大なバルーンボーイ。

 

(C)Tim Burtom
(C)Tim Burtom

 

500点のアート作品が並ぶ濃密な世界

 

会場に入ると、大小様々な作品が所狭しと並んでいました。小さいものは、レストランの紙ナプキンに描いたスケッチ。大きなものは、2m超のクリーチャーの立体作品もあります。宇宙人、ロボット、モンスター、不気味なピエロ、ゾンビ、説明のつかない生物などなど、普通の人間をモチーフにした作品のほうが少ないです。多くは仕事以外でのプライベート作品なのだそうです。(注意:会場内は、撮影不可)

 

 

ショップで本展の作品集を購入したので、そこから一部を紹介します。

 

(C)Tim Burtom
(C)Tim Burtom

 

「オイスター・ボーイの憂鬱な死(1997)」。エドワード・ゴーリーを思い起こさせ雰囲気ですが、やはり多大な影響を受けているそうです。

 

(C)Tim Burtom
(C)Tim Burtom

 

ジョニー・デップが演じた、映画「シザーハンズ」(1990)に登場するエドワード・シザーハンズのイメージスケッチ。

 

(C)Tim Burtom
(C)Tim Burtom

 

ヘレナ・ボナム=カーターが演じた、映画「アリス・イン・ワンダーランド」に登場する「赤の女王」のイメージスケッチ。この力強い目が印象的です。

 

(C)Tim Burtom
(C)Tim Burtom

 

「三つ目の道化師(1993-1997)」。黒を基調にした作品が多いですが、こんなカラフルな作品もあります。

 

(C)Tim Burtom
(C)Tim Burtom

 

以上の作品集は、500点の展示作品から72点を厳選されています。これで1,900円なら、お手頃。この他に1000点を収録された豪華版の作品集もありました。価格は9,400円でちょっとお高め。豪華版は、ティムバートン公式サイト(英語)で購入可能です。

 


 

見たことない映像作品もいっぱい!

 

有名な映画だけでなく、短編映画、ミュージックビデオなどの映像作品もたくさん展示していました。こちらは「ヴィンセント(1982)」。バートン監督として商業映画第1作目の作品です。孤独な7歳の少年が恐怖映画の名優ヴィンセント・プライスに憧れ、自分のことをプライスだと思い込んでいる話。(ヴィンセント・プライスは、映画「シザーハンズ」で発明家役として出演している。)

 


こちらは「ヘンゼルとグレーテル(1983)」。英語で会話していますが、キャストは、マイケル・ヤマ、ジム・イシダなど日系人でしょうか…?



こちらは「ステインボーイ(2000)」。ネット配信用のアニメーションです。かわいい顔してグロい…。


 

全ての作品をじっくり見ていると、3時間はあっという間に過ぎてしまいました。本当にお腹いっぱい!見応え十分!大満足!

 

ティム・バートンの世界展
【東京展】
森アーツセンターギャラリー(六本木ヒルズ)
2014年11月1日(土)〜2015年1月4日(日)
11:00〜22:00(土日祝23:00まで)※会期中無休
【大阪展】
イベントラボ(グランフロント大阪北館)
2015年2月27日(金)〜4月19日(日)※時間未確定

 

展望台から東京タワーを望む。ティムバートン展のチケットでは、展望台へは入場できません。
展望台から東京タワーを望む。ティムバートン展のチケットでは、展望台へは入場できません。