イベントレポ│ぺんてるの「銀座ラクガキカフェ&バー」

皆さん、ラクガキってしてますか?僕は、仕事で毎日イラスト描いてますが、息抜きもラクガキです。銀座に店内の壁にも床にもラクガキしても良いカフェがオープンしました!「え!?ラクガキして良いの?」って思いますよね?いいんです!


文具メーカーのぺんてるが、6月2日〜7月27日までの期間限定で「GINZA RAKUGAKI Cafe & Bar by Pentel」をオープンしました。いろんなメディアで話題になってるので、ご存知の方も多いと思います。

 

「タムカイズム」のタムカイさん主催で「ハッピーラクガキライフ」と題したラクガキ会で、そのラクガキカフェへ行ってきました!

【関連リンク】

タムカイズム/あの「ぺんてる」による「ラクガキ カフェ&バー」って何だ!?オープン前に潜入してラクガキしたりスケッチノート描いたりしてきたよ!


銀座ラクガキカフェ


場所は、和光の時計台がある銀座4丁目から徒歩2分にあるビルの7階。日比谷Barが全面協力しています。新しいビルなのか、エレベーターホールが木の匂いがする…。


銀座ラクガキカフェ


エレベーターが開くと、目の前にはショーケースにぺんてるのペンが並び、手書きの「GINZA RAKUGAKI Cafe & Bar」の文字。


銀座ラクガキカフェ


店内は、銀座のバーらしく、オシャレな大人の雰囲気…っと思ったら、目の前にはラクガキされまくった石膏像が…!あのー、もしかして、ベートーベンですか?


銀座ラクガキカフェ


オープンしてまだ1週間なのに、すでに壁にはラクガキがいっぱい!

壁にも…


銀座ラクガキカフェ


柱にも…


銀座ラクガキカフェ


足元の床にも…


銀座ラクガキカフェ


鏡にも…


銀座ラクガキカフェ


そして、窓ガラスにまで!

ガラスには、透明フィルムが貼ってあり、ラクガキごと剥がせるようです。


銀座ラクガキカフェ


椅子に立って壁の高いところにラクガキするお客さんもいましたが、椅子に立つと、スッとウェイターさんが椅子を押さえてくれます。お酒入ってる方は、くれぐれもご注意を。


銀座ラクガキカフェ


こちらの壁には、偉人の肖像画が並んでいます。教科書でやりませんでしたか?肖像画へのラクガキ。


銀座ラクガキカフェ


右はぺんてるの社長、左は芥川龍之介、真ん中はコナ○…?


銀座ラクガキカフェ


壁のラクガキを見ていると、ガチで描かれてるのって少ないですね。普段、絵を描かない人が描くラクガキがほとんどでした。逆にそれが「ラクガキの楽しさを忘れてしまった大人たちが楽しめる場所」として演出されている、とも感じました。

 

これが秋葉原だったら、アニメファンのガチラクガキで埋め尽くされるでしょう。というか、アキバならすでにあるじゃないか?


銀座ラクガキカフェ

 

ラクガキ会には、19人が参加しました。僕は主催のタムカイさん以外は初対面。イラストレーターは、僕とSeriさんの二人だけ。他は、事務員だったりブロガーだったりと、かなりカオスな顔ぶれでした。

 

 

カフェ&バーですから料理も気になりますよね。料理もラクガキのコンセプトにしていて、見た目もカラフル!ポテトのお皿はの周りに色とりどりのソースが並び、まるでパレットみたいです。見た目だけではなく、味も満足。(注:料理のお皿やグラスへは、ラクガキできません。)


銀座ラクガキカフェ
銀座ラクガキカフェ


途中、店内が暗くなるとバーカウンターにプロジェクションマッピングが!そして、カラフルに光るカクテル登場!こんなサプライズなイベントもあるんですね。


銀座ラクガキカフェ
銀座ラクガキカフェ


で、ここまで店内の様子をお伝えしてきましたが、肝心の自分のラクガキについては…。 実は、あまり描けなかったんです。

 

すでに壁にはラクガキがいっぱいすぎて、描く場所がない!空いているのは、手の届かない壁の上段か天井。 オープンからたったの1週間ですよ?それが人気の現れとは思いますが、かと言って他のラクガキの上に描くのもねぇ…。


銀座ラクガキカフェ


しかも、いざ描いてみると太いペンはインク切れで、スムーズにラクガキ描くことができませんでした。なので、僕にとっては不完全燃焼です。


銀座ラクガキカフェ


窓ガラスは、ラクガキごと剥がせるフィルムが貼ってありましたが、壁もフィルム貼ってもらって、いっぱいになったら剥がして描けるスペース作ってくれたら、もっと楽しめるのに。モヤモヤ……。


銀座ラクガキカフェ


でも、ラクガキがスマホで動くアプリもあるし、これからフェイスペインティングなどのイベントもあるので、他にもいろいろ楽しめるようです。もっと、あそびたーい!


満席になっている場合もあるので、事前の予約をオススメします。

 

■GINZA RAKUGAKI Cafe & Bar by Pentel

http://pentel-rakugaki.jp

営業時間などは、公式サイトをご覧下さい。