LINE│タイのランキングで14位!海外でもスタンプ売ろう!

タロゥのLINEスタンプですが、おかげさまで多くの方にご購入いただいております。ひとりひとりのLINEの中にタロゥがピョコっと登場していると思うと、とても嬉しくなります。しかも、これが日本国内だけでなく、世界に広がっていると思うとワクワクしますよね!

 

海外の人気ランキングは、日本とは別

 

クリエイターズスタンプは、日本以外では、台湾、タイ、インドネシアでも販売可能なのです。もちろん、タロゥも海外3ヶ国(現在は230ヶ国)で販売しています。そして、人気ランキングは各国ごとに別々になっているので、日本とは違うのです。

 

それで、昨日おどろきのランキングを見つけてしまいました。

 

OKINOTE「LINE自作スタンプ調査!気になる販売各国のランキングは?」

http://okinote.com/2014/06/2854


画像出展:OKINOTEより(2014.06.03現在のランキング)
画像出展:OKINOTEより(2014.06.03現在のランキング)


なんと、タイの人気ランキングでタロゥが14位に入ってではないですか!

ビックリしました。だって、日本のランキングでは150〜240位くらいをウロウロしてるんですよ。 まさか、海外で上位にランクしているなんて…。


 

タイのLINE利用数は2200万人!

 

タイのLINE利用数は、約2200万人(2014年1月8日現在)です。タイの人口は約6500万人なので、国民の3分の1が利用していることになります。実はタイ国内では、FacebookよりもLINEの利用率の方が高いのです。

 

参照:日経ビジネスオンライン「LINEの普及に見たタイのスマホ事情」

 

タイでのスタンプの価格は、30タイバーツ(約94円)。日本では税抜価格が約93円なので、大体同じくらいですね。タイは、東南アジア経済の中心地になっていて、今後の経済成長が期待されている国でもあります。日本企業も続々と参入していて、スマホの普及率も上がっているのです。

 

東南アジアは物価が安いから、タイ国民からしたら30バーツは高いのではないかと先入観があったのですが、意外とそうでもないのかも?

 

海外市場も視野に入れよう

 

日本のランキングでは、ユルい感じのスタンプが上位に入っているのに対して、東南アジア3カ国のランキングを見ると、キャラクターとして完成度の高いスタンプが多いです。日本製の「しっかり作り込んだ」ブランドイメージ、そこが東南アジアでは受け入れられるのかもしれません。日本でのランキングが低くても、このように海外では上位になる可能性もあるのです。(もちろん、その逆もあります。)

 

LINE社が、今年11月にニューヨーク証券取引所に上場するという話もあります。スペインの世界最大級の通信会社テレフォニカとも今年2月に業務提携しました。今後は、北米、中南米、欧州でもクリエイターズスタンプが販売できる可能性もゼロではありません。

 

せっかく海外でも手軽に販売できるのですから、海外市場も狙ってみませんか。海を越えて、自分のスタンプを使っている人がいると思うと、ワクワクしますね!