【画力】練習には鉛筆よりペンを使う

仕事で毎日イラストを描いていますが、人の等身をデフォルメして描くことが多いので、それに慣れてしまうと普通の等身を描く時が難しくなってしまい、自分の未熟さを痛感します。なので時々練習として写真を参考に簡単なデッサンをします。


仕事でラフを描く時は、鉛筆を使いますが、練習で描く時は、なるべくペンを使うようにしています。鉛筆は消せるので、何度も消したり描いたりを繰り返してしまいます。

 

でも、ペンなら消せないので、程よい緊張感から鉛筆で描いている時より物をよく捉えようとする意識が上がるのです。あくまで自分個人の感想ですが、効果はあります。

 

ここにアップした絵は、すべて下書きはありません。ペンで直に描いています。皆さんも練習する時にちょっと試してみて下さい。

イラストの練習方法
イラストの練習方法
イラストの練習方法
イラストの練習方法
イラストの練習方法
イラストの練習方法


最後に、陰影を表現する時の斜線について補足します。陰影をつける時は、ランダムな斜線の組み合わせで表現していますが、実際にこういった技法はあります。細かい斜線の組み合わせによって、グラデーションを表現することができます。本当は、もっと時間をかけてじっくり描くのが良いのですが、上記のスケッチではそこまで描き込んでいません。


しっかり時間をかければ、人物デッサンでは体の丸みを上手く表現できるので、デッサンをする時にこの技法で描いてみて下さい。