【著作権】著作権の目的

前回は、「著作権の意味」について勉強しました。今回は「著作権の目的」についてです。 なぜ著作物を法律で保護する必要があるのでしょうか?まずは、一番の基本となる著作権法第1条の条文を読んで、そこから解説していきましょう。


【著作権法第1条】
この法律は、著作物ならびに実演、レコード、放送及び有線放送に関し著作者の権利及びこれに隣接する権利を定め、これらの文化的所産の公正な利用に留意しつつ、著作者等の権利の保護を図り、もって文化の発展に寄与することを目的とする。

 

この条文で一番重要なのは最後の赤字の部分。著作権法とは「文化の発展」を目的とした法律ということです。では、なぜ文化の発展に繋がるのでしょうか?

 

マンガイラスト著作権侵害

 

例えば、ある漫画家(著作者)が多大な労力と時間を費やして描いた作品が、第三者の手によって無断で複製され不当な営利を得ているとします。そのために著作者が本来得るはずの収益に悪影響を及ぼすせば、著作者はマンガを描く気さえ削がれます。つまり…

 

著作権法により侵害者へ刑罰・警告を与える

著作者等の権利の保護になる

結果的に「文化の発展の寄与」に繋がる

 

という事になります。以上が著作権の基本理念です。

 

マンガイラスト著作権侵害

 

著作権法のもう一つの目的は、紙に印刷した物、つまり「物質」として複製したもの管理する事でしたが、現在はデジタル化が進み誰でも簡単に複製できる様になったため、物質として管理することが難しくなりました。

 

著作権に対して「クリエイティブ・コモンズ・ライセンス」の様な新しい考えも生まれ、「保護と共有」について常に議論されています。