【ポートフォリオ】大き過ぎは年末に捨てられる

ポートフォリオに必要なのが「クリアファイル」ですが、サイズも小さいものから大きなものまで様々。イラストを大きく見せたいから、大きいサイズが良いか?でも、大きいと渡した時に邪魔になるかもしれないから、小さいサイズが良いか?迷ってしまいますね。


クリアファイルでは、下記の4種類のサイズが一般的です。 

A3サイズ 420mm×297mm
B4サイズ 364mm×257mm
A4サイズ 297mm×210mm
B5サイズ 257mm×182mm
クリアファイルのサイズ

この中でポートフォリオに一番使われるのが、A4用のクリアファイルです。これは、出版社、デザイン事務所など、ポートフォリオは「A4ファイル」で統一されているところが多いからです。

 

当然、本棚もA4サイズ用になりますから「大きくして目立たせよう」と極端に大きなポートフォリオを渡したとしても本棚に入らないので、別の場所に放置され、最悪は年末の大掃除で捨てられる羽目にもなりかねません。

 

ポートフォリオのファイルサイズ

それでも、イラストは大きく見せたいのであれば、見せる用と渡す用の2冊に分けましょう。見せるポートフォリオは、A3サイズで大きく見せて、渡すポートフォリオは、同様の内容でコンパクトにA4サイズでまとめて渡せば相手に負担をかける心配はありません。もしくは、A4用ファイルでも見開きにすればA3サイズで見せる事もできます。

 

クリアファイル代を節約するために、逆に小さいサイズのファイルにしたり、作品数が少ないからと、背表紙も付けられない薄いファイルを使うのもお勧めしません。本棚に収められても、他のファイルに埋もれてしまう可能性があります。クリアファイルは「A4」と覚えておきましょう。