【ポートフォリオ】ポートフォリオ作りのコツ

いざポートフォリオを作ろうと思っても、「しっかり作り込まないとダメかな?」と気負いしてしまい、どこから手を付けて良いのか意外と分からないものです。ここでポートフォリオ作る時の手順を紹介します。深く考えないで下さい。ちょっとしたコツがあるんです。


まずは頭の中から「 デザインする」という考えは排除して下さい。「キレイに作ろう」とか、そういった事も考えないで下さい。頭をまっさらにしたら、作り始めましょう。

 

■ 1.作品をすべて広げてみる

イラストポートフォリオの作り方

今まで自分が制作したイラストを全て出して、目の前に広げて下さい。ファイルに入れる入れないも、順序も関係ありません。とにかく広げて下さい。自分の作品を俯瞰して、全体を把握します。

 

■ 2.タッチごとに分ける

全ての作品を並べたら、次にイラストのタッチが複数ある方は、タッチごとに作品を分類して下さい。ここでは、オリジナル作品も仕事の作品も分けません。タッチがひとつの方は、そのまま4番へ進んで下さい。

 

■ 3.タッチの優先順位を決める

イラストポートフォリオの作り方

 自分で一番オススメしたいタッチがどれかを考え、見せる順番の優先順位を決めて下さい。

 

■ 4.カテゴリごとに分ける

イラストポートフォリオの作り方

それぞれのタッチの中で、カテゴリごとに作品を分類しましょう。オリジナル作品、仕事の作品、オリジナルグッズなどカテゴリを決めて分けて下さい。

■ 5.作品を厳選する

 

イラストポートフォリオの作り方

ファイルのページにも限りがあります。作品の数が多ければ、ファイルのページを増やせば良いと言う訳でもありません。何を見せるべきか整理してみましょう。

■ 6.順番を決めて並べる

イラストポートフォリオの作り方

作品を並べて順番を決めて並べて下さい。オリジナルが先か、仕事の作品が先か、一番見せたいのは前に、連作であれば続けて見せるなど考えてみましょう。

■ 7.クリアファイルに入れて

イラストポートフォリオの作り方

順番を決めたらクリアファイルに入れてみます。実際にファイルに入れてみると、隣にのページの作品の影響で印象が変わって見える事もあります。全体のバランスを考え、改めて順番を替てみるのも良いでしょう。横長で大きく見せたい作品であれば、見開きで見せるのも有りです。

 

さて、ポートフォリオを作り方のコツ、分かったでしょうか?これを基本にして、文章での情報を加えて補足していけば、さらに見やすいポートフォリオにする事ができます。デザイン的にキレイにまとまっているかどうかは、後回しで構いません。まずは、実際にファイルに入れて、目で確認して、足りない部分を後で加えていきましょう。