【基本】制作会社勤務のイラストレーター

イラストレーターの多くは、フリーランス(自営業)ですが、ゲーム制作会社、キャラクター制作会社、デザイン会社などには、正社員や契約社員としてイラストレーターを雇い入れている会社もあります。僕自身もイラスト制作会社の正社員でもあります。


制作会社のイラストレーターに求められること

 

制作会社のイラストレーターで求められるのが、幅広いタッチを描き分けるということです。案件によって必要なタッチは変わるので、柔軟に対応できる方が望まれ、個性的なイラストよりも、汎用性が高く幅広い媒体で使いやすいイラストが好まれます。組織に属するのですから、社会人として最低限のビジネスコミュニケーションも必須です。それはフリーも同じですが…。

正社員イラストレーター

もちろんメリット、デメリットもあります。

 

メリット

 

・制作環境は会社が整えてくれる

・営業、経理選任がいるので、制作に専念できる

・固定給の給料制なので、収入は安定している

・厚生年金など社会保障がある(契約社員は例外)

・仕事とプライベートの区別がつきやすい

 

デメリット

 

・必ずしも自分の描きたいイラストが尊重される訳ではない

・イラスト専業ではなく、多くはデザイナーと兼業

・クリエイティブ系企業は残業が多い(各企業による)

・毎日通勤しなければならない

 

私も会社員ですが、毎月固定収入があるのは安心感があります。オン・オフの切り替えがしやすいというのもメリットです。フリーの時は自宅作業でしたので、仕事とプライベートの区別が付きづらく、常に仕事をしている感覚でした。

今は、働き方も多様化しています。必ずしも組織に所属することが正しい訳ではありませんが、安定性を望む方は選択肢として覚えておくと良いでしょう。

 

クリエイター系の求人サイトに、イラストレーター募集している場合があります。チェックしてみてはいかがでしょう。

 

クリエイター求人サイト

 


・Japan Design Net
 デザインのお仕事

ラクジョブ


・Find Job!


マスメディアン


優クリエイト


・Job STAGE