【基本】イラスト業界専門誌を読んでみよう

どの業界にも専門誌がありますが、もちろんイラストレーターにも専門誌があります。専門誌は、活躍中のイラストレーターや流行りのイラストの動向を知る上でも、よい情報源になりますし、誌上イラストコンペも行っている専門誌もありますから、それを切っ掛けにプロになるイラストレーターもたくさんいます。


ネットで情報が急速拡散する時代において、専門誌で動向を掴むのは、時代のスピードとしてはもはや遅いのかもしれませんが、ネットに反乱する情報に比べると地に足の付いた情報であると言えます。

 

イラストレーション(玄光社)

 

1979年創刊から続く老舗のイラストレーター専門情報誌です。第一線で活躍するイラストレーターのインタビューや国内外のイラスト業界情報、展覧会情報などを紹介しています。誌上イラストコンペ「THE CHOICE」では、絵本作家の荒井良二氏など多くのイラストレーターやアーティストを発掘してきた登竜門的存在です。年4回季刊発行。


 

イラストノート(誠文堂新光社)

 

「デザインノート」「建築ノート」など誠文堂新光社が2006年に創刊したクリエイティブノート・シリーズのイラスト編情報誌です。イラストレーターのインタビューはもちろんのこと、イラスト制作のテクニックなど、後発ならがも、充実した内容を届けています。こちらも誌上イラストコンペ「ノート展」を行っています。年4回季刊発行。


 

MdN(エムディエヌコーポレーション)

 

1989年創刊のWEBデザインとグラフィックの総合情報誌です。
デザイン系ではありますが、Adobe PhotoshopやIllustratorなどデジタルソフトを使ったイラスト制作テクニックも紹介しています。「MDN」とは「Macintosh Designers Network」の略。毎月6日発売。


 

季刊エス(飛鳥新社)

 

マンガ・イラスト・アニメ・ゲームなどのビジュアル表現をメインに紹介する総合誌。こちらもAdobe PhotoshopやIllustratorなどデジタルソフトを使ったイラスト制作テクニックを紹介しています。年4回季刊発行。


 

MOE(白泉社)

 

絵本作家向けの専門誌です。新刊からロングセラーの絵本の紹介、作家のインタビューのほか、作品も掲載され、MOEから絵本も発行されています。絵本に限らず、絵本のキャラクターを扱った雑貨なども紹介しています。誌上絵本コンペ「MOEイラスト・絵本大賞」も行っており、絵本作家を目指す多くの方が挑戦しています。毎月3日発売。